ケンコーホームの家づくり|長崎の家

ケンコーホームは長崎市、諫早市、大村市、西彼杵郡時津町、西彼杵郡長与町で耐震性・高気密高断熱性に優れたツーバイフォー工法の注文住宅をご提供する長崎地場の住宅メーカーです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パークコミュニティー桜の里モデルハウス、土台工事を行っています

こんにちは(*^^)ノ 近頃、素麺ばっかり食べてるタシロです

夏場は、お手軽にスルッと食べれる素麺が我が家では大活躍

だけど素麺だけでは寂しいので氷水の中には素麺の他に

トマトやきゅうりなどの野菜も一緒に入れてあげることで栄養もしっかり摂れて一石二鳥

お手軽だけどここ最近のお気に入りです



さてさて、そんな我が家の食事事情は置いといて、 (オイ

パークコミュニティー桜の里のモデルハウス建設も基礎工事が終わり、

いよいよ建方工事に入りました

まずは搬入されてきた資材の含水率を測定します。
パシャ
桜の里モデルハウス、含水率測定7.0% 桜の里モデルハウス、含水率測定6.5%

通常、ケンコーホームでは 含水率15%以下 の乾燥材を使用しています。

理由としては、含水率の多い木材を使用していた場合、乾燥に伴って割れやくるいが生じやすくなるからです

この収縮や割れ・狂いを少なくするには、構造材の含水率を予め15%以下にしておくことが重要なんですよ
パシャ
桜の里モデルハウス、土台工事中01 桜の里モデルハウス、土台工事中02

そして、資材の測定が終わるといよいよ大工さんたちの手によって建物が建てられていきます

最後の写真を見てもらえると分かると思いますが、ケンコーホームの建物の場合

基礎の内側にも断熱材を敷いているんですよ

冬場は室内の暖かい空気を床下まで回すことが可能となり、

床下と室内の温度を同じにしてあげることで 冬でも暖か~い、 底冷えを防ぐ建物になっています


と、今週の更新はここまでです

来週には、2階部分までは建ち上がっていると思いますのでお楽しみにネ(*´ω`*)

それではまた次週の更新でお会いしましょうノシ


長崎で注文住宅を建てるならケンコーホームへ!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。